Christmas Workshop体験レポート

最終更新: 2020年12月25日

おうちでステキなクリスマスを! ケーキトッパーのワークショップを開催しました


毎年クリスマスの時期になると、デパ地下やホテルのパティセリ―からオシャレで美味し

そうなケーキが発売されるので、いつも〝今年はどこで予約しよう……〟と目移りして大

変なことに! かつてはクリスマスケーキのデコレーションといえば、マジパンペースト

で作ったサンタクロースや、チョコレートのメッセージプレートなどが定番でしたが、オ

シャレなデコレーションを目指すならオリジナルの『ケーキトッパー』がオススメです。


ケーキトッパー(caketoppers)とは、ケーキの上に乗せる飾りのこと。お花やフィギュア、ガーランドなどももちろん、ケーキトッパーのひとつですが、オススメはなんといって

も手書きの文字がベースのトッパーです。


実は当協会でも12月6日にケーキトッパーのワークショップを開催させていただきました

。当日参加されたのはカリグラフィーの経験者ばかり。とはいえ、カリグラフィーに慣れ

た人も、書いた文字をそのままケーキトッパーに加工すると、線が細すぎて壊れてしまう

ことも。ケーキトッパーのワークショップでは、加工後の強度を保つために、フローリッ

シュ(文字の飾り)の繋ぎ方や、バランスのとり方をお伝えしながら、壊れにくいデザイ

ンを完成させていきました。


ワークショップ当日は、完成したデザインをお預かりし、後日ケーキトッパーに加工した

ものを郵送でのお渡しとなりました。2020年は新型コロナウィルスで大変な一年となりま

したが、手作りのケーキトッパーをクリスマスケーキに飾って、ステキなクリスマスをお

過ごしいただきたく思っています。


2020年はもうケーキトッパーのワークショップは終了しましたが、来年も開催しますので

ご興味ある方はぜひ、当協会のinstagramやTwitterをぜひチェックしてくださいね。


今回のワークショップでオーダーしたケーキはご近所で、パーラーローレルさんのケーキでした。フランスで修行されただけあって、ケーキがArt! パティシエさんはとても研究熱心な方で、一つ一つのデザインへの拘りが凄かったです。

見た目よりも甘さ控えめなので、甘いものが苦手な私でもすぐに食べきれてしまう程でした。今後も協力していただけるそうなので、2月のワークショップにも活躍して頂きます。


今年のワークショップは終了していますが2021年は2ヶ月毎にワークショップを計画してます。ぜひ、お楽しみにしていてくださいね。




Newsletter Signup​

© 2020 by  Japan Wafer Paper Flower Association

  • Twitter
  • Pinterest
  • Instagram